making of GambelanBall

純銀と銅を92.5%:7.5%の比率で合わせ、バーナーで溶かして、スターリングシルバーを作っています。

プレートを作るための機械。



伸ばしたスターリングシルバー。
ここに円を書いて、鋏で切っていきます。

 

円形に切り出したシルバープレートを半球に叩き出すための道具

手で打ち出しながら球体にしていきます。

 

途中、何度もノギスで測ります。たたいては測るを繰り返し、0.01ミリまで、精度を出します。



打ち出した半球

銀線をペンチで曲げて、模様の部品を作ります。

ペンチで曲げて、形作ったパーツを組み合わせて、模様を組み立てていきます。

 

模様の部分も、球体に沿うように、この道具で丸みをつけます。

球体に沿うように丸みを打ち出しています。

 

ガムランボール内部に入っている、音色を奏でる鍵盤部分を糸鋸で切り出します。この鍵盤部分を、飾りを溶接し終えた半球に取り付け、中に転がるための小さな金属球を入れたら、上下二つを合わせて球体にして溶接します。


ここまできたら、もうすぐ出来上がり。
最後に、ヤスリがけ、研磨、磨いて磨いて…。

バスケットタイプでも、アラベスクバスケットは大変根気の要る作り方をしています。

こちらはアラベスクバスケット。
糸鋸を使って一個ずつ模様を切り込んでいきます。

簡単そうに見えますが、万力も使わず半球状のシルバーを細かい模様に切り出すのは、かなりの職人技です。それも、ひと切りごとに刃を外して、別の穴へ移動し、また刃を固定して…見ているこちらがため息ものです。

Gambelan Ball

 ガムランボールは「ドリームボール」や「ハーモニーボール」などとも呼ばれ、昔から世界中で 幸運のお守りとして、愛されてきました。その起源は、ケルト僧が瞑想に入るために使った宗教具だと言われています。
 いつの頃か、伝統的にシルバー工芸の盛んなインドネシアはバリ島に伝わり、その音色がバリの伝統楽器「ガムラン」の響きに似ていることから、バリ島では「ガムランボール」と呼ばれるようになりました。
 シャラランという独特の響きは、持つ人の心を落ち着かせ、心洗われるような気分にしてくれます。ガムランボールの優しい響きは、多くの人の心に響き、根強い人気を持っています。
 妊婦さんがお腹の赤ちゃんの胎教のために、ちょうどお腹の位置に来るように身につけるのもおすすめです。

 Sayangのガムランボールは、経験豊かな限られた職人のみによって、自社工房で一つ一つ手作りしています。手作業で叩き出したり、切り出したりして作るガムランボールは、その音色も世界にたった一つだけ。バリ島に昔から伝わる伝統的なシルバーの加工技術と、バリ島ならではのモチーフを取り入れた、ほかにないシルバーアクセサリーを、日々職人さんたちと作っております。

 手仕事感と、匠の技が見える、銀線細工。どうぞガムランボールの優しい響きと緻密な職人技をお楽しみください。
 


 

バリ島ショップも通常通り営業しています♪

About the owner

MEGUMI

日本滞在中のため、ウェブショップの方は臨時休業をいただいております。久々の日本の冬、寒さ厳しいけれど、だんだん梅の花が咲いたりして、四季のある日本っていいなと再認識しています。たくさんのインプットをして、またシルバーづくりを再開できたらと思っています。皆様も、お体にお気をつけて良い冬をお過ごしくださいね。

Blog

Mobile

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
赤いマスの日はインターネット店のオフィス業務(メールへの対応や発送業務)がお休みです。
ご注文は365日24時間受付ています。
ただし、ご注文の確認や発送のご案内メールは 翌営業日以降になります。

【オンラインショップ営業時間】
月〜金:9:00〜17:00
土日:発送・メール対応休み
インドネシアの祝日もメールの返信・発送業務は お休みです。


【バリ島ショップ営業時間】
朝9時から夜10時まで
定休日なし。
ガルンガン、クニンガン、ニュピなどバリ等の祝日の時にトップページにてお休みスケジュールをご案内します。