純銀の地金(シルバ−1000)

ちょっとシルバーのお話

 シルバーアクセサリーを買うときに、「スターリングシルバー」や「シルバ−925」という言葉を耳にすると思います。

 通常、ジュエリーに使われるシルバーというのは、純銀ではなく、純度が92.8%の「スターリングシルバーSterling Silver」です。残りの7.5%分は他の金属が混ぜられています。この、他の金属というところが、特に決まってはいなくて、地域や伝統によって使う金属は様々ですが、Sayangでは、純銅のみを使っています。

 なぜ他の金属を混ぜるかと言いますと、シルバーの純度が100%だと、柔らかすぎてリングなどはすぐに変形してしまうからです。シルバ−925という「合金」はジュエリー制作に最も適した素材として、世界中で基準とされています。

 ちなみに、シルバーアクセアリーとして使われる純度としては、シルバ−1000、シルバ−950、シルバー925などが有名どころかと思います。

 Sayangのシルバーは、基本的にシルバ−925を主に使っていますが、例えば宝石を抑える部分や、細かい装飾を施している部分は、より柔らかさを必要とするため、純銀のシルバ−1000や、シルバー950以上も使っています。ただ、部分的な仕様となるため、総じてシルバ−925という表記を取っています。
 かなり細いリングなどの強度などの問題で、シルバ−925以下をやむを得ず使う場合には、必ず商品にシルバー含有率を記載しています。その場合でも、割り金(シルバーに混ぜる金属)は銅のみを使用しています。

 できるだけ、金属アレルギーにならないように、ニッケルなどのアレルギーを起こしやすい金属は一切使っていません。

 

割り金の銅(純銅)

CV.  SAYANG BALI

​www.sayang-bali.com

Shop

Copyright(c) CV. SAYANG BALI All Rights Reseverd.

Sayang - at Semawang

    JL.DanauTamblingan No.190 Sanur Bali Indoneia
    Open Everyday  9:00am-22:00pm

    Hindu & National holiday Closed

Sayang - at Batujimber

    JL.DanauTamblingan No.69 Sanur Bali Indoneia

    Open Everyday  9:00am-22:00pm

    Hindu & National holiday Closed

Sayang

Balinese Silver Jewelry